動作が厳しく制限さている

12-10

専用のアプリストア「グーグルPlay」ではアプリ公開に、Googleから一連のチェックが必要になってくるのですけど、ここまでの悪質アプリの報告を見る限りそのチェックは「ザル」だと言わざるを得ない。またiPhoneのiOSでは、システムに常駐するといいました動作が厳しく制限さているため、もしもアプリに不正な処理を仕込まれていたとしましても、かなりの確率で検出されまして、ストアに公開させられることはほぼないです。

しかしていながら、これには余分にバッテリーを消費してしまうでしょうという弊害も。現にキャリアからもウイルス対策アプリが配布、推奨されてるという状態です。

たしかにウイルス対策アプリを導入するそしたら安全度は上がります。ですから、アンドロイドを安全に利用することはウイルス対策アプリが必須。

ただでさえ不出来なバッテリーの持ちが、更に悪くなるというジレンマを抱えていますのです。アンドロイドにはウイルスや悪質なアプリも多く報告されます。

ある意味公開前にApple側によりつらい審査があるたためだ。一方アイフォンのアプリストア「AppStore」ではウイルスアプリの存在はまったく聞こない。