スマホとOSの両方をApple社が作っています

12-01

まずiPhoneは、スマホとOSの両方をApple社が作っていますので、デザインやインターフェイスは一貫性がありまして利用しやすい。しかし種類が少なく、基礎的には1~2機種からしか選べない。

アンドロイドはライセンスフリーで提供されてるので、国内外のすべてのメーカーが端末を製造してる。ですからいっぱいの機種から選ぶことが可能だ。

またアプリは、Apple社のつらい審査をクリアしていますので質が高く、安心して使えるというメリットがある。このふたつは何が違うかというと、搭載してるOSに違いきがある。

ただしアプリは、比較的審査が通りやすくなったので数は多数ものの、質の粗品ものもあるので注意が必要だ。スマートフォンには大きく分けると2種類ありまして、ひとつはApple社が開発した「アイフォン」、夙にひとつはグーグル社が開発した「アンドロイド」。

では具体的に、このふたつが如何違うのか。