iphone・スマホ専門サイト「なんだって出来ちゃうスマホ」にこの度はご訪問頂きありがとうございます。
たっぷりと最新のiphone・スマホ情報をご案内しています。

一方、液晶パネルを使ったスマホは、有機ELに比べて本体の価格が安く、画面が明らか点がメリット。さらに、最近では消費電力を抑えられる液晶パネルの開発も進んでいます。

液晶パネルよりも画面が暗く、コントラストがつるはぎといいました問題点はあるものの、今後の技術進歩による改善が期待されます。パネルの種類は、現在の主流である液晶に加えて、近頃は有機ELも登場しているのです。

ボディを薄く軽くしやすいので、薄型や軽量型のスマホでは積極的に有機ELが使われています。有機ELパネルは、液晶パネルと対すると、表示出来る色の幅が広く、発色が美しいうえ、バックライト(光源)を持たないぶん電力消費も抑えられるメリットがあるのです。

パネルの種類を液晶か有機ELかで迷った場合は、画面の見やすさ・駆動時間・本体価格・消費電力などを総合したうえで選ぶと好調でしょう。